結婚式での余興はどうする!皆が楽しめるように考えよう

おめでたい結婚式に呼ばれたら

結婚式の招待状を受け取ったら、ご祝儀や着ていく服装などのことを考えて当日を待つものです。仲の良い人から呼ばれたときには余興の時間を頼まれたりする事もあるでしょう。頼まれたら余程のことがない限りは誰もが引き受けてさあ頑張ろうと気合も入るものですが、気をつけなくてはいけない事も幾つかあります。準備をするときには事前にどんな人が他にもゲストとして呼ばれているのか、結婚式の雰囲気なども聞いておくといいですよ。

余興にも実はマナーがある

結婚式に招待されたら、いろんなマナーに気をつけながら返信をしたり服の準備などをします。余興はあくまでちょっとした時間だから内容は何でもいいだろうと思ったら大間違いです。例えば、余興の時でも忌み言葉は避けるようにして内容を考えましょう。何気なく文章などを考えたつもりでも、聞いている人からするとマナー違反になっている事もあります。また、内輪ネタなどに終始すると他の人が分からなくなってしまってあまりよくないので気をつけましょう。

どんな余興であれば喜ばれるのか

一口に余興と言っても内容は様々です。歌やダンスをその場で披露する事もあれば、ムービーを製作したりすることもあります。内容も新郎新婦とある程度は一緒に考えるとそれほど礼を失することのない安心できる内容となるでしょう。意外に忘れがちなのが余興の時間です。結婚式も実は時間が限られていますので、進行を邪魔するほどに長くなってしまうと大変です。それを踏まえた上で、結婚式を盛り上げる余興を考えてよい時間を過ごして下さいね。

博多の結婚式場は、駐車場も多く設けられているため、招待客が多くても困りません。道路もわかりやすくなっています。