知っておきたい!婚約指輪についての基礎知識

そもそも婚約指輪とは何なのか

婚約指輪は、婚約の記しとして男性から女性へ贈られる指輪のことで、ダイヤモンドをあしらわれたものが贈られる場合が多いと言われています。ダイヤモンドは地球上に存在する最も硬い天然鉱物であることから、「永遠の愛」といった、いつまでも変わらないものを象徴する宝石として婚約指輪によく用いられています。またダイヤモンド以外にも、花嫁の誕生石が贈られるケースや、花婿側の家に代々伝わる指輪が贈られるケースもあります。

婚約指輪の購入時期と値段

婚約指輪を購入する時期は、プロポーズや結納、顔合わせに間に合うように考慮する必要があります。指輪は、注文してから実際に受け取るまでに時間がかかることもあるため、プロポーズなどを行う1ヵ月程度前から選び始めるのが一般的です。ただしオーダーメイドで注文を行う場合は、受け取りまでに2ヵ月以上かかることがあるため、早めの準備が必要になるでしょう。また値段に関しては、20万~50万円程度が一般的だと言われています。

婚約指輪の素材や選ぶときのポイント

婚約指輪の素材については、ダイヤモンドが一般的ですが、地金に関しては熱や変色に強いプラチナが人気です。また最近ではプラチナ以外にも、ホワイトゴールドやピンクゴールドなどが選ばれる場合もあります。そして選ぶ時のポイントとしては、予算に応じた値段のものを選ぶということ以外にも、実際に試着したときの印象も重要になるということが言えます。実際の印象に関しては、複数のお店でさまざまな指輪を試着すれば、その指輪が自分の肌の色や指の形に合うかどうかということを実感として確認することができるでしょう。

婚約指輪のデザイン性にこだわるために、優秀なデザイナーが揃っているファッションブランドの最新作に目を通してみましょう。